閉じる
閉じる
閉じる
  1. アラフォーの肌質・体型の変化は体内環境あった!アラフォータレントのケア…
  2. 【不倫された】慰謝料を請求出来る証拠の集め方3つの方法
  3. 貧血には鉄分・ヘム鉄が重要!効果のあるおすすめサプリとは?
  4. 納豆が健康に良い理由!栄養素や納豆キナーゼの効果・効能とは
  5. 【サンシャイン水族館のマンボウ死亡】マンボウが最弱って本当?人間が食べ…
  6. 髪の傷みを解消したい!パサつきをおさえ潤いを与える方法とは
  7. 【花粉症予防法】花粉症対策お茶として話題の白井田七茶とは?<口コミ・評…
  8. 電力自由化はメリットだけじゃない?デメリットや問題点について
  9. 大人気海外ドラマ『ウォーキングデッド』シーズン7の放送が決定!重要登場…
  10. シュガーワックスでセルフ脱毛!使い方や効果についてのまとめ情報
閉じる

すごシェア

【韓国MERSウイルス】初の中国人感染!感染者100人超9人死亡。致死率50%の症状や予防・治療法は!?

韓国で大流行が止まらない「MERSコロナウイルス」(中東呼吸器症候群)。
感染者はたった3週間で100人超え!死亡者は9人となりました。

また、本日はじめて韓国人以外の感染者、さらにおなかに赤ちゃんがいる妊婦にも感染とのニュースがありました。

韓国MERS、初めて中国人にも感染者 妊娠中の女性も

MERSコロナウイルスの感染拡大が続く韓国で、初めて中国人にも感染が確認されたほか、妊娠中の女性にも感染者が出ました。
韓国の保健福祉省によりますと、感染が確認されたのは中国籍の女性1人で、ソウル郊外の京畿道(キョンギドウ)の病院で働いていた際に、感染者と接触した可能性があるということです。

また、新たに40代の韓国人の妊婦もMERSに感染していることが明らかになりました。妊娠中の女性への感染が確認されるのは、これが初めてです。

韓国政府は「感染は院内感染に限られている」と冷静な対応を呼びかけていますが、朴槿恵(パク・クネ)大統領が訪米の延期を決めるなど、外交や経済への影響が広がっています。
(引用:http://news.biglobe.ne.jp/international/0611/tbs_150611_8272048935.html)

mers1
mers4
mers2
mers5

さらに本日10時34分のNHKニュースで、さらに感染者が14人増え122人と発表されました。

韓国政府の対応が遅れ、隔離対策が上手く進んでいないことで、諸外国のみならず、韓国メディアからもバッシングを受けています。

韓国政府の対応の遅さが露呈

 韓国保健福祉省は8日に「第一次流行の終息」を発表したが、感染者は日々増えており、感染の疑いは全国に広まっている。

何と、8日に感染が分かった男性(59)は3日に感染が疑われていたのに、連絡を受けた保健当局が対応を取らずに4日間も放置。男性はその間、計約360人と接触していたという。男性は多数の院内感染者が出たサムスンソウル病院を5月末、見舞いのために訪れていた。
(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/10215484/)

韓国政府が情報を公開せず

 保健福祉部が情報公開を避ける中、大韓病院協会は6月5日、MERS感染者がいる全ての病院名を公開すべく記者会見を開こうとした。保健福祉部はMERS感染者を複数の病院の隔離病棟で治療しているとしながらも、ピョンテク聖母病院以外の病院名を公開していなかったからだ。ところが、6月6日付の朝鮮日報によると保健福祉部の反対によって記者会見は開始3時間前にキャンセルされたという。
(引用:http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20150608/284013/?rt=nocnt)

みんなの声

致死率40~50%のMERS、その症状・感染方法!?

MERSの症状は、

  • 発熱
  • せき
  • 息切れ
  • 下痢

など一般的な風邪のような症状です。
また、症状がない人や軽症の人もいるとのこと。高齢者は他の病気を持っている方などは重症化しやすく肺炎等を引き起こし、致死率40%と報告があります。

中東のヒトコブラクダがMERSウイルスの感染源の1つとして言われていますが、どこから人へMERSウイルスが感染するのかは、まだわかっていないそうです・・・。

人から人への感染方法は、せきやくしゃみ、接触による感染。

その為、MERSの一番の予防方法は「隔離」対策なのですが、その隔離がまったく出来なかった政府。
先日7日に公表されたのは、なんと感染者が訪れた病院は24箇所にも及ぶという事実でした。

7日、感染者が訪れた全国計24カ所の病院名と患者数を公表した。混乱を招くとして非公表としてきたが、国民の不安が広がる中、さらなる感染拡大を防ぐために方針を転換した。ただ、最初に感染者が出てから18日後の公表となり、対応の遅れに政府への批判が強まっている。
(引用:http://mainichi.jp/select/news/20150608k0000m040056000c.html)

MERSの予防対策・治療法はない!!

MERSの恐ろしいところは、現在有効な特効薬や治療薬が無いこと。
予防ワクチンもありません。
MERSに感染し重度の呼吸器障害が発生した場合の治療方法としては、酸素投与や人工呼吸器などで治療が行われます。
このように、症状にあった支持療法(症状を軽減させるための治療)を行うことしかできません。

ただし、体が健康で元気な人は、感染したとしても風邪の症状が出るだけで重症化せず完治するそうです。
もちろん、元気な人から持病をかかえる人に感染するので、元気だからと言って外に出回ることをしてはいけません。

隔離を徹底すること!感染者と接触しないこと!

現在韓国では、MERSがせきやくしゃみから感染することから、マスクをする人が急増しているとのこと。

現在は病院内でしか感染者が出ていませんが、すでに感染者が出回っていることから、パンデミックの可能性も捨て切れません!

さらなる対応の強化を願うしかありません・・・。

さいごに~韓国旅行は辞めとこう~

これ以上感染者は出ないという根拠の無い口コミもありますが、まだ、韓国政府が情報を公表していないことは多くある気がします!

現状の韓国旅行などは絶対控えるべしですね。

こんな不安なニュースを払拭したい方は、ぜひ下記もご覧ください!

ペットボトルで水を持ち運ぶのは古い?!最新技術の「oOho」で水を食べよう!

【黒板アート】チョークだけで富士山やアナ雪が!? クオリティが高過ぎると話題のチョークアートイラストをまとめてみた





関連記事

  1. 頭皮に良いシャンプーランキング!ノンシリコンシャンプーの効果とお…

  2. 【ビーアップの口コミ!】バストアップサプリのb-upは本当にバス…

  3. 【FF7が完全リメイク】今だからこそドット絵時代の人気にせまる!…

  4. 女性のあそこが臭いのは病気?原因と対策方法を知って改善しよう!

  5. ストレス解消おすすめなのはこれ!ストレスに負けない上手な付き合い…

  6. 健康ジュースで人気の黄酸汁豊潤サジーの効果・効能は?口コミ・評判…

ピックアップ記事

  1. アラフォーになると肌質や体型の変化が気になる方も多いのではないでしょうか?実は20代と30代では…
  2. 最近妻の様子がおかしい。旦那の帰りが毎晩遅いし、出張がやけに多い。結婚してパートナーの様…
  3. 女性の悩みで多いのが、「貧血」ですよね。私も何度か貧血になった事があり、その度に苦しい思いをして…
  4. 日本の食卓に欠かせない「納豆」!好きな人は大好きですが、苦手な人も多いはず。しかし苦手な方に…
  5. 2月5日より公開をしていたマンボウですが、今朝死亡いたしました。マンボウ展示を楽しみにしていただ…

ピックアップ記事

  1. アラフォーになると肌質や体型の変化が気になる方も多いのではないでしょうか?実は20代と30代では…
  2. 最近妻の様子がおかしい。旦那の帰りが毎晩遅いし、出張がやけに多い。結婚してパートナーの様…
  3. 女性の悩みで多いのが、「貧血」ですよね。私も何度か貧血になった事があり、その度に苦しい思いをして…
ページ上部へ戻る